~漂流中~

2017年6月、舌癌になった妻(39)が亡くなった。ADHDではなくASDの息子(6)、頼りない自分(41)を残して…

■舌癌12 右頚部リンパ郭清手術後

2016年3月11日~



右頚部リンパ郭清手術を受けたのち、

ICUで術後管理、

経過に異常はないため、1日で一般病棟に戻ることに。



早速お見舞いに行くと…



小さなショルダーバッグを肩からかけ、

首回りをぶっとい包帯でぐるぐる巻き、更にぶっといテープでもぐるぐる巻き、

その包帯の隙間から、ストロー大の太さのチューブが3本、

そのチューブの先に、肩からかけているショルダーバッグ。ドレーンという処置らしい。



ドレーン留置中の管理 (国立がん研究センター)
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/attention/skincare/drain.html



手術後1日しか経っていないのに

すでにベッドの上で体を起こしていて、

少し疲れた顔でこちらを見ていた。



     大丈夫?



うん、大丈夫。



     痛くないの?辛いとことか無い?



前の時程は痛くないよ。



     起きてて平気なの?



うん。痛み止めよく効くね(笑)



     いやー…いやー…
     何て言うか、
     無事に手術終わってよかった…



病室に入って、妻を見て、
想像以上に大変な姿と、
想像以上に大丈夫そうにしているところを見て、
不安と、安心と、いろんなものが混ざりあって、
もう、何を言ったらいいか。



その後、主治医の先生に呼ばれ術後の説明を受ける。

手術の内容は予定通りで、切除範囲も想定通り。

ただ、癌が転移したリンパ節は、事前の画像検査では2つに見えていたが、実際には3つあり、

うち1つは、節外浸潤していた と…



節外浸潤…

正式には、被膜外浸潤というようだ。

リンパ節の中に癌がとどまらず、

リンパ節を突き破って、外の組織に癌細胞が飛び出している状態の事。



厚生労働省委託事業 公益財団法人日本医療機能評価機構
口腔癌Minds版ガイドライン説明
http://minds.jcqhc.or.jp/n/pub/2/pub0082/G0000301/0042



しかし、その周辺の組織を広く切除しており、切除断端に癌細胞が無いことを術中迅速診断で確認しており、しっかりと癌は取り除けている筈です、と。



また今回の手術も対応が遅かったのか…?

という思いがよぎる。

舌切除手術後の説明で、やや悪性度が高いと言われていた。

悪性度が高くても、外に広がる前に取ってしまえば何も怖くないよね?

節外浸潤してても、その飛び出した部分を広く安全域を追加して切除していれば、その外に癌は広がってないよね?

この時はそう思っていました。



また、次の治療として、

元々予定していた放射線治療を、出来れば4月前半には開始したい、との事。

その為には、

3月末くらいから照射位置の確定、

放射線を当てたくない位置(顎骨付近から顔にかけて)を守るための防護マスクの作成、

等を進めて行かなければならない。



さらに翌日。

おはよ~✨
昨日に比べるとだいぶラクになった。
首の締め付け感はあるけど。



     体の一部バッサリ切り取って
     2日でラクになってきたって
     言えるのは凄いことだよf(^_^;



ベロの時の方が痛かったんだなと再実感(笑)



     ご飯は食べれるかなー?
     食べれるようになったら
     美味しい差し入れするんだけどな。



なかなか飲み込みにくくて💧
これもベロの時よりましだけど。
油断するとむせるから危険😰

あと、枕があわなくて首がいたい。



     今日、ダッシュで家帰って、
     枕もって車でそっちいく。



仕事を定時で上がり、
ダッシュで家に帰って枕を持って車でGo!



枕ドンピシャ(・∀・)💕
今日は朝までグッスリ眠れそう🎵
ありがとー😘



手術から3日目

朝から普通食が出る。
1時間掛けて完食。

さすがに舌切除手術の時と違い、食事や飲み込みが出来るようになるのは早い。



包帯もとれたよー🎵



と写真が送られてくる… (◎-◎;)!!



ちょっとここには載せられない写真かな…

まさに縫い目。

糸のようなもので縫っている訳ではなく、
でかいホッチキスの針!

それが縫い目に沿ってびっしりと。

何針と言うんでしょう…

ホッチキスの針の数を数えたら、きっと40針近くある。

これを打ち込んでるときの場面を想像すると…お腹の辺りがモヤモヤします╭(๐_๐;)╮



手術から4日目



針はもう昨日の夜に抜いたよ。
まんまホチキス針だった(笑)
ドレーンもすべて抜けた💕
スッキリ🎵(●´ω`●)
ただ、ドレーンを抜いたとこから液漏れ(出血)してますが…なにか?



あと、抜針の最中に気絶しそうになった(笑)
周りの音が聞こえなくなって、全身の力が抜けて。
全身麻酔をしたときみたいな感覚だったよ😵



     笑ってる場合じゃないわ(笑)



そして、手術から11日後

退院。
実家に戻り療養。

今回の手術は、切除範囲こそ広かったものの、

舌切除後のような痛み、飲食の不便さ、体の中心からの距離等、色々な面で術後の治り、不自由の解消が早く、経過はとても順調だった。

妻もすぐに元気を取り戻し、

次の治療、今度こそ頚部放射線治療に向けて準備を進めていく事になります。