~漂流中~

2017年6月、舌癌になった妻(39)が亡くなった。ADHDではなくASDの息子(6)、頼りない自分(41)を残して…

■ADHD14 コンサータ服用開始

2018年11月下旬



前回ADHDの記事で、

夏休み明けから、てんかんのような症状があり、

10月頃からてんかんの薬(テグレトール、イーケプラドライシロップ)

の服用を開始した事をお伝えしていました。



その後から、

少々行動が落ち着かない事が多くなり、

友達との些細なやりとりの中で、

突然顔を叩いたり、なわとびで叩いたり。



先生に対しても、叩いたり、

突然大泣きして色々訴えたり、

噛み付いたり…(これで、ぐらついていた歯が抜けました💦)



授業中も頻繁に抜け出して、

床や廊下で寝転がっていたり、

保健室や校長室で過ごしたり、

2時間ほどぶっ通しで寝てしまったり。



余りに行動のコントロールが出来なくなってきたため、

学校側でも対策を考えてくれて、

大好きな体育の時間を、

毎日1回出来るようにと対処をしてくれましたが、



可能な限りの根本的な解決に向けて

こちらがそれにおんぶ抱っこ状態でいる訳にはいかず、

家庭の方でも、大きく話を動かしていきます。






まず、行動がだらけてきたタイミングと、

てんかんのような症状が出てきたのは、夏休み後から。



夏休みで狂ってしまった生活リズムから

元に戻すのに苦労する、という話はよくありますので、

大部分はその影響とは思いますが、



うちは父子家庭で、私が不在の間は

家で面倒を見れる人はおらず、

放課後は18時頃まで学童に行かせており、



当然夏休み中も、車で1時間30分ほど離れた

妻の実家にお泊まり中でなければ、

7時30分~18時まで学童に通わせています。



私の仕事も、

息子の学童も、

普段の通学、通勤の時間と変わらないため、

だらけさせるような生活は出来ません。



ですが、それが逆に幸いしてか、

生活のリズムを崩しやすい障害を持つ子ではありますが、

朝夜の時間や、1日のリズムが崩れること無く

夏休み前半はトラブルの無い生活を送っていました。



しかし、何日かにわたる終日学童という空間と、

ある程度の対処と対応しか望めない学童先生方との終日活動と、

休み中、何回かの妻実家へのお泊まり生活の影響と、

私との2人生活と…



何が悪影響を及ぼしたかは断定は出来ません。

色々な要素が絡み合って結果が付いてきますので、

あえて悪者を決めようとは思いませんが、

それぞれの要素の中で原因になったであろう事は

ある程度は目処が付いています。

その中の殆どは、避けようのない事ばかり。

息子の近くにいた人毎の、ほんの少しの対応の違い。



結果として、

夏休み後半から、朝起きなくなり、

食事の時に、テレビだ、タブレットだとうるさく言うようになり、

食事を食べなくなり、

コントロールが利かず、

黙っていれば好き放題、

口を開けば言い合いになり、

指摘を受ければ怒りをぶちまけ、

収集がつかなくなる、というループに。



障害を持つ子供全員が、とは言いませんが、

この状態になってしまったのを、

言い聞かせ、叱りつけ、怒られる恐怖、

好きな事が出来るのは約束守れた子だけという囲い込み、

他の事で気を逸らす、無視する、放っておく、

そういった事での軌道修正は大変難しいのです。



言われる側の子供も黙っちゃいません。

足をドンドンと踏み鳴らす、

椅子でガタンガタン!と音を立てる、

白目を剥いた目で睨みつけてくる、

うるせえっっってんだろ!

しゃべるな!だまれ!

と激しく暴言を吐く事も。

時には、他の部屋に逃げ込み、

しばらく閉じこもる。



そもそも、何らかの形で 反抗する ため、

どうしたら楽しく過ごせるか?

という解決の為の話し合いに辿り着けません。

無理矢理そういう話をしても、聞く耳を持ちません。



家だと、一応私には逆らわない方がいい、という

多少の制御が利いているのか、

この程度の状況が続きますが、

同学年近くの子がいる所では、

即座にパンチ、突き飛ばしなどが始まります。



このようなやり取りで相当に嫌な思いをしても、

次回の行動には反映されません。

また同じ嫌なことになる、と理解しているかどうかも定かではありませんが、

1度このループが始まると、

相当上手く対応したとしても、

改善 (悪い行動が出ずに、適切にやるべき事をやってくれる。又は、言われれば文句を言わずにやるようになる) まで、

1~2週間、長ければ数ヶ月はこの状態が継続します。



どんなに優しく諭そうが、

報酬で釣って誘導しようが、

怒りと恐怖を植え付けようが、

また翌日、同じ時間になれば同じことを始めます。

約束をすれば、その場の返事はしますが、

そんなことはお構い無しです。当然破ります。



この改善までの期間が非常に長く、何度でも同じやり取りを繰り返す事と、

自分にとって不利益なこと、嫌なことが繰り返されても、それでも同じことを続ける、

という所が、特に周囲から理解されないところで、

本当に気が滅入る程に繰り返すのです。



しかし、経験上ですが、

毎日根気強く、淡々と、強弱だけ付けながら同じ対応を繰り返していけば、

その子にとって、それが習慣化されるまでの長い期間、

とにかくシビレを切らさず、キレること無く、

やるべき事だけをやろう、と対応し続ける事で、

いつのまにかそれが当たり前になります。

文句を言わなくなります。

その間、別に叱られている訳では無いので、

イヤイヤやる、という感じでもありません。

習慣化するだけです。



ただし、注意しなければならない事は、

「甘やかせてもらえる特別な環境」

という場所を絶対に作ってはいけません。



おじいちゃん、おばあちゃんの家では

テレビを見ながらご飯が食べられる、とか

そういう環境を1日でも与えれば、

また家に帰ってきてから地獄の毎日が始まります。



結果、生活が成り立たない状態が続き、

親も、子も、二次障害まっしぐらとなってしまいます。



普段、他の子より頑張ってるんだから、

おばあちゃんの家ではいいよねー

なんて事をしたら、



なんで家ではそれが出来ないのか!?

と始まり、



あれは、学校がお休みの日で、しかも実家だから特別だよ!

なんていう理屈は通用せず、

なんだかんだと反発し、

結局やるべき事はやってくれない。

一切体を動かそうとしなくなります。



学校の時間になろうが、

準備はしない、ご飯は食べない、

片付ければ大癇癪を起こす、

とにかく体を動かさない。



全ての制御が効かなくなり、

学校でも悪い行動が増え、

私(家族)も相当に大変な思いをすることになりますが、

結果的に本人が1番辛い思いをすることになります。



障害をもつ子に対しての甘やかせ方は、

通常の子に出来る甘やかせ方とはまったく違う、

と考えるべきだと思います。



まぁ、この辺の話は長くなるので、

また今度気が向いたらにしましょう。






結局、

そういった夏休みの生活の乱れから、

朝の活動に支障をきたし、

その頃から学童でもやや大きなトラブルが増え、

そのまま2学期に突入していきます。



当然、学校でも同様のトラブルが続きます。

周りの子への影響が大きいことが続くため、

それなりの躾、言い聞かせは必然的に増えますが、

それを冷静に聞く事も出来ず、

人を睨みつけたり、

無視したり、

うるさい黙れ!

などの言葉が増えてきたり。

学校でも、 死ね!  などの言葉が増え、

更なるトラブルに。



ちょうどこの頃から、

テレビを見ている時に、目が左右に振れる動きと、

首が左右どちらかにゆっくりと動くような、

部分てんかんのような動作が見られるようになりました。



前兆として、夏休み前からも

目をしぱしぱ渋そうにする感じはありましたが、

ここに来てハッキリとした動きになってきた、

という感じでしょうか。



ただ、

タブレットやテレビを見ているだけの時には

それほど気になる動きはありませんでした。

単純に目が疲れているとか、そういう感じでは無い

という事は、毎日一緒にいる中で感じた事です。



酷くその行動が出るのは、

夕飯時、テレビを見ながらご飯を食べてもいいと許している時間のみ、

特にこの動きが顕著に出ました。



やはり、テレビを見ながらだとご飯はスムーズには食べられず、

しかし本人は、

朝ご飯の時間じゃなければテレビ見てもいいでしょ?

と、ある意味、夜見れるなら朝は我慢する

という事を交換条件として、朝の行動の約束を守る

という部分があったので、



まあ、夜は食事とテレビを同時にさせる訓練として、

また、少しの息抜き、ストレスをため過ぎない一環として、

許して、やらせつつも、

テレビに集中し過ぎずに夕飯を食べてね!

という事をやらせていました。



ですが、今のうちの子には、

テレビの刺激と、食事を時間を守ってしっかり食べる

という事が大変難しかったんでしょう。



毎日食事が進まず、

注意を受けながらテレビを見て、食事をちょっとして…

これが凄いストレスだったのかもしれません。



部分てんかんのような症状は

日増しに悪くなっていき、

食べ物を口に入れたまま

意識を支配されたように食べる動作が止まり、

目と首が勝手に動くような状態になり、

暫くして我に返って、食事を続ける

という状態になっていきました。



ものを喉に詰まらせてからでは遅い、とすぐ病院に行き、

9月後半から、てんかん抑制の薬テグレトールを開始します。



テグレトールを開始すると、副作用の眠気が強く出てしまい、

学校での居眠りだけでなく、

朝起きる事も困難になり、

そこから始まる おきなさーい! という毎朝のやりとり。

朝起きる時から感情的には最低の状態で始まり、

朝調子が悪かった日の学校、学童の活動も最悪の結果に。



この眠気を改善しないと全ての活動に支障が出る事から、

10月中旬からはイーケプラドライシロップと、少量のテグレトールに変更。



このイーケプラドライシロップの副作用には、

些細なことで感情的になりやすい、という作用があるようで、

それが原因かどうかはわかりませんが、

眠気はやや改善されたものの、

感情的で、衝動的な行動はおさまらず。



そして11月に入った頃には、

てんかん様の動きは薬のおかげか、

ほぼ出なくなりましたが、

やはりまだ思わしくない行動は続き、



仲良く遊んでいたと思いきや、

ちょっとした事で突然暴力を振るったり、

いきなり泣き始めて激しく思いを訴えてきたりと、

安定しない状況が続きました。



これを病院に報告。

判断としては、



ADHDからのやや深刻な二次障害に発展しつつあります。



ちょっとした人との関わりの中で

暴力ばかりが出る状態は、

もう二次障害が出ている状態です、と。



本人は、相当辛いでしょうね。

訳もわからず、いつのまにか自分は、

みんなから 暴力を振るう子だ とレッテルをはられ、

何をしても人から避けられ、嫌がられ、

その度に自分でもコントロール不能になって、

やってはいけないことを繰り返し、また避けられ、

自己嫌悪と、他人に対して憎悪ばかりが膨らんで、

もう、どんなに本人が何とかしようと思っても、

ADHDの子が、自分の力だけでこれを改善するのは

不可能だと思いますよ。



そうハッキリ言われました。



ここで、薬の処方を大きく変えていく事になります。



てんかん薬の効果については冷静に判断しなければならず、

そもそもが飲み続ける事を前提に処方される薬のため、

相当な悪影響が無い限りは簡単に処方を変えることも出来ません。



まずは、強い眠気が生活に支障を来たしているという事で、

少量にしていたテグレトールを無くし、

イーケプラドライシロップのみとします。



そして、いよいよADHDの二次障害を防ぐために、

ADHD対策薬のコンサータを始めることを強く勧められます。

f:id:aegis-pilebunker:20181212180327j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213080858j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213080916j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213080928j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213080951j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213081010j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213081027j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213081102j:plain

f:id:aegis-pilebunker:20181213081127j:plain

写真は、薬の説明として頂いた冊子です。



くすりのしおり
コンサータ
http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=12829



これまで、私は

出来ればADHDの対処は、漢方薬(甘麦大棗湯)のみでいければな、

と思っていて、正式な対策薬は避けたい気持ちがありました。



これは、しっかりと薬の成分まで調べての事ではありませんが、

ADHDの薬は、

覚せい剤の効果に近い

と色々な所で言われている事によります。



実際の薬の作用については、

上の画像にも書かれているので、

参考にしてください。



しかし、嫌だと思っていた薬を試してみようと思ったのは、

いつ息子が、他の子に、取り返しのつかない怪我や、事故を起こしてしまわないか、

学童で最も問題視されている中で、これ以上の問題を起こせば退所させられていまい、生活が成り立たなくなる。

他の親御さんの間で、息子の問題行動が噂されるようになる事から始まる、子供までを巻き込んだ村八分

息子自身が、望まずして引き寄せてしまういじめ。

何よりも、息子が、親でさえも対人関係が築けずに、

誰からも見向きもされず、

反発、拒絶、反抗、諦め、怒り…

そういった経験だけで育って行ってしまう事への重大性のほうが、

薬に対する不安、猜疑心を完全に上回った事によります。



いつか良くなる。



という希望は誰しも持ちたいものです。

しかし、その間に失われた時間と、

友人関係と、

その年齢相応で学ぶ、習慣的な行動は、

他のみんなもやっているから一緒に学べるものであって、

遅れを取り戻す為の関係というのは、

そう簡単に築けるものではありません。



コンサータや、ストラテラ

インチュニブに代表されるADHD対策薬は、

必ずしも 悪い行動が無くなる という

魔法の薬ではありませんので、

効果はひとそれぞれだと思います。



大渋滞で正しく情報が伝わらない脳の働きを、

交通整理してくれるような効果があるため、

考え、行動がハッキリして、

より本来の特性が強調されるような感じになるようです。

眠気も無くなるようですね。

うちの子は喋りが止まらなくなっていますf(^_^;



薬を飲み始めて約3週間が経過しますが、

経過は概ね順調で、

学校からも、学童からも、



居眠りがなくなった!

指示がとおりやすくなった!

暴力が少なくなった!

注意した時に、ちゃんと話をして、

悪かった事は素直に謝れるようになった!

課題をちゃんとやりきる事が出来た!



と、ぞくぞくと息子の成果が聞こえてくるようになりました。



まだまだ怒ったり、教室を抜け出したり、

喧嘩したり、暴れたりすることはありますが、

それでも、

これだけの変化があったことには驚きです。



おかげで、

他の親御さんへの謝罪の電話をどうするか

悩むような事件、事故は、

薬を飲んでからはパタっと無くなりました。

それだけでも相当に嬉しいことですし、



ちゃんと勉強や、活動に向き合って、

ある程度の結果を出してくれるようになった事で、

息子も、周りから

すごいね!

と感心されることが増え、

それが相乗効果で、また良い行動が増える

という流れが増えてきたようです。



よく聞かれる副作用の、食欲減退も殆ど無く、

給食も全部食べてきています。



暫く薬の効果を見ながら、

この状態を続けていく事になりそうです。



コンサータの効果については、

よもぎさんの #よも暮らし で

とてもわかりやすく紹介されています。

勝手ではございますが、とても参考になりますので

リンクを貼らせて頂きますね。



ADHD治療薬のコンサータの効果や副作用は?服薬開始から1年経過した感想について
https://www.yomocracy.com/entry/2018/01/10/180000

■舌癌29 同じ天井

2016年 年末



舌癌から、口腔低癌へと転移し、

小線源治療を行うも、

再発を宣告されてしまった2016年年末。



年明け早々、本格的な抗癌剤治療からの

舌と、右下顎のほぼ全てを切除する方向で

手術の調整をすることになり、

そのための体力と、鋭気を養う養うための

年末年始休暇を頂いた妻。



表向きはそのような理由ではあったけど、

今後の治療は困難を極めることから、

退院出来るかどうかがわからない。

とも言われており、



退院の目処としては、手術後、

3ヶ月間あたりで癌再発が無い事が確認され、

抗癌剤を短期的な入院(2~3日)で投与し、

通いながら行うことが出来るようになるか、

または、6クールほどのフルドーズを終え、

一旦の経過観察に入り、

自力で食事が出来るようになってからでなければ

退院の目処がつかないため、

非常に長期の療養期間が必要となる。



そのため、年越しくらいは夫婦で、家族で、

一家団欒の時間を過ごしてきて、

という理由の方が、

より強い理由だっただろう事は

容易に想像がついていた。



それでも、私たち家族にとっては

とても大切な時間。

動けなくなってからでは遅い、

今しか出来ない、願いを叶える時間。



2016年12月後半~2017年1月4日までの間、

一時、病気の事は忘れ、

家族の時間を過ごす事が出来ました。






12月23日



妻実家、親族と共に、

妻希望の レインボーパンケーキ へ。



このパンケーキ屋は、

妻のいとこが行ったことがあり、

とってもオススメだから、一緒に行こう!

とお誘いをしてくれた店。



車イスで電車を乗り継ぎ、原宿の裏路地にあるお店へ。

f:id:aegis-pilebunker:20181126082812j:plain
f:id:aegis-pilebunker:20181126082830j:plain
写真はレインボーパンケーキオフィシャルブログより拝借させて頂きました。



総勢10名?11名?で、

1階の個室を貸切ってパンケーキパーリー(゜▽゜*)



ここは、何といっても

マカダミアナッツパンケーキが最高に美味い!

妻も、ナッツだけどけて(口の中が痛いので(。>д<))

フワッフワ~なパンケーキを嬉しそうに食べていました。



やっぱり不安や、寂しさは、

皆で一緒にいる時間でなければ解消出来ないですね。



で、店の中に謎の黒いサンタクロースモドキが…

写真に残していなかったのか残念ですが。

レインボーな店に似つかわしくない、その黒い姿に

息子がヒビりまくる(笑)



たまにパンケーキやドリンクをサーブしに

個室に入ってくるのですが、

そのたびに、みんなの膝の上を一目散に逃げる息子。

個室の窓からウロウロしている姿を凝視!



👦なにあれ!なにあれ!?(◎-◎;)



あれはね…

今はまだサンタクロースじゃないけど、

これから赤く色が変わってサンタクロースになる前なんだよ…



👦いつ変わるの!?
どうやったら色変わるの!?(@_@;)



クリスマスまでに赤くなるんだよ…

今日はまだ黒いままだよ…



👦こわい…((((;゚Д゚)))))))



このやりとりを見てるだけてもだいぶ和みましたね(笑)

店を出る頃には、息子も黒いサンタは怖くないという事を知り、

店の出入口にあった綿菓子製造機で綿菓子を作らせてもらって

満足して帰ってきました。

妻も、久しぶりにみんなで過ごせた時間に

笑顔が溢れていました(*´ω`*)






12月24日



妻が突然38.6℃の高熱を出した。

気分が悪いとか、だるい、などは無いらしいが、

逆に、原因がわからない高熱は恐い。

とりあえず解熱剤を飲んで安静に。



自分も妻実家に泊まり、

ベッドから息子の様子を見る妻と一緒に

クリスマスパーティを楽しんだ。



ちなみに息子へのプレゼントはトイストーリーのトミカ全種類。

タカラトミー
トイストーリー トミカ
https://www.takaratomy.co.jp/products/tomica/lineup/toystory/index.htm
f:id:aegis-pilebunker:20181130074723j:plain
写真:タカラトミー



以前ディズニーランドに行った時、

あるショップでトイストーリーのトミカを見つけたが、

実は、バズ・ライトイヤーアストロブラスター近くにある

プラネットM というショップ以外では、

トイストーリー系の品揃えが悪く、

全種類が揃っていない事が殆ど。

代わりに他のトミカはいっぱいありましたが。



たまたま息子が別ショップで見つけた時は、

バズと何かのトミカが無く、

その時は買ってあげる予定でも無かったため、

息子はひたすらバズのトミカを探しながら、

今日は買っていかないよ、と

残念な思いをしながら帰った事があり、

妻がその一部始終を見ていた。

きっと全部欲しいんだろうなーと。

で、このトミカ全種類をクリスマスプレゼントに。



ちなみにプレゼントは、

買いに行く時間も無くなってしまい、

ネットで買って、クリスマス用のラッピングをしてあげました。



まぁ、息子は喜んでいましたが、

6箱もあるプレゼントを開けるのに必死で、

ヾ(@゜▽゜@)ノ わぁーい✨

という反応が薄かったのがちょっと残念f(^_^;

妻はそれをベッドの上から優しく見守ります。






12月25日


息子とディズニーランドへ行く約束をしていたが、

妻、41℃を越える高熱になる。



本人いわく、インフルエンザのような症状はなく、

やはり体調はそんなに悪くないと言う。



だが、原因不明の熱である以上、

理由が不明なまま放置するなんて事は命取りになるため、

救急で主治医の待つ病院へ。



息子と遊びにいけなくなった事を言い、

病院へ出掛けようとすると、

息子は、お母さんにしがみつき、



👦ぎゅーして…(´;ω;`)
早く帰ってきてね…



と言う息子の目には涙が…

息子はそれを誤魔化すために、



👦目やにが出ちゃったよ。
ちょっと、目やにがでちゃったよ。



と、低予算ドラマのセリフのような事を言いながら、

お母さんに背を向ける…



作り物のような陳腐な話だが、事実。

2ヶ月に1~2度くらいしか家に戻ってこれない

病気のお母さんを持つ、まだ5歳の子供の素の姿。

その姿に、その場にいる全員が、

本当にいたたまれない気持ちで押し黙る…



息子は全部わかっている。

息子は本当に我慢している。

3歳の頃から両親と離れて暮らさなければならない辛さは、

妻と息子と離ればなれで暮らさなければならない自分の気持ちと同じだ。



遊んでやれない事も、

笑いながらのんびり過ごす事も、

好きなことをやらせてあげる事も出来ない、

やっと一緒に遊びに行こうと約束した日も、

お母さんが病気で、

すぐに病院に行かないと行かないといけないから、と

嫌がる息子を無理矢理お母さんから引き剥がし、

高熱に息を切らす妻を抱え、

息子に、ごめんごめん、と言い聞かせる。



本当に可哀想で、

申し訳ない気持ちでいっぱいになる。



でも、そうする以外に道は無い。






妻は、病院で簡易検査を受け、

恐らく顎の穴の空いた創部からの

感染を起こしている為の熱だろう、ということ。

抗生物質を投与して、暫く経過観察がひつようです、と。



食事か取れない訳ではないため、

今日は入院とはならず、薬を貰って自宅へ。






12月27日



再度病院で診察。

というか、元々、年末年始に入る前の

最後の診察日になっていたための受診。



再発箇所の経過には、特段の変化は無いため、

予定通り年明け4日から入院、治療開始との診断。

ただし、少しでも変化があれば病院に連絡し、

すぐに治療を受けること、との指示。



昨日貰った抗生物質、解熱剤で

微熱程度まで熱は下がった。

熱による辛さはだいぶ無くなったようだ。



休みを貰って、東京医科歯科大学に診察に行ったり、

息子のプレゼント買いに行ったり、

パンケーキ食べに、久しぶりに電車に乗って

出かけたりしたから疲れたんだよ。

少し体休めてさ、

また12月30日に改めてディズニーランドに行こうよ(*^_^*)



そうみんなで約束して、

30日までは、年末の片付けや、年明け入院の準備など、

それぞれのやるべき事をやりながら静かに過ごします。



この間に、部屋の模様替えや、

仕事と、病院と、妻実家の行き来の毎日で、

とっちらかってしまった家を綺麗にし、

ベッドをフラットにしては寝ることが出来なくなってしまった妻のために、

上半身だけ45度くらいに角度を付けたベッドを準備。

車椅子の置き場も用意し、万全の体制を整えます。






12月30日



妻、息子待望のディズニーランドへ。

熱もさがり、体調も回復し、

朝から夜まで、いつもと変わらないランド1日滞在を楽しむことが出来た。

息子のはしゃぐ姿も見れて、

先日のキャンセル分を取り戻せたと思う。



年明け後は、フルドーズの抗癌剤治療も始まり、

そのまま下顎の大部分の切除手術となる見込みのため、

外出も、ましてやランド、シーへ行けるのも

あと1回か、2回か…

その後は、外出が出来るほどに回復出来た未来にしか

そんな日々は待っていない。



いよいよ、今までのようには過ごせない、

というタイムリミットが迫ってくるのを

肌で感じるようになる。



もう、同じ時を過ごす事が出来ないかもしれない…



聞き慣れた、

ディズニーランド閉園の音楽を聞きながら

車椅子を押して帰路に着く時、

もうこんな楽しい日々を過ごせるのは

最後なんじゃないかという思いを噛み潰して。



だからこそ思う。



来年もまた、必ず同じ時を過ごそう。



2017年も、また家族3人で年越しを迎えよう。



その時さえ迎えていれば、きっと未来は繋がっているはず。






12月31日



妻38歳、自分40歳、息子5歳の大晦日

昨日は、実家へと帰った妻と息子を迎えに行きます。



妻実家で妻を自宅に連れて帰る準備をしながら

年越しそばを頂き、自宅に連れて帰ります。



本当に久しぶりに家族が、元の家に戻った日。

これまでも、1にちくらいの短い滞在や、

妻だけが戻ってきた事は数回ありましたが、

家族3人が揃って、数日過ごせるのは

恐らく1年振りくらいか。



息子も、お父さん、お母さんと、

本当の家で過ごせる事が本当に嬉しいらしく機嫌が良い。

ここには、自分の好きなおもちゃのうち、

妻実家に持っていけないものや、

好きなテレビの録画もある。



そういうものを一切我慢して、

お父さん、お母さんと一緒にいられない妻実家から

保育園の行き来をしている事を考えれば、

自分の場所に戻ってこれるのは嬉しいのは当たり前で、

よくその生活を我慢してくれているなと感心する。



一息ついた後、先に妻だけお風呂に入れる。

顎には、顎下を覆う大きなガーゼをしており、

息子にはその中を見せていない。

あまりにショッキングな状態だからだ。



風呂の後に、顎下のガーゼを取り替える。

創部の状態は最悪に見える。

大きく2つ出来ていたコブのうち、

後から出来た方は、子供の拳大に膨れ、

表面皮膚が破れ、浸出液が常に出てきている。



初めに出来ていたコブは、

今は逆に窪んでいるようにみえ、

その周辺の皮膚は、腐ったように黒ずみ、

膿と剥がれた皮膚がぐちゃぐちゃの状態になっている。



体液と血が混ざったようなものが染みだしているため、

ティッシュで拭き取ってからガーゼを当てるのだが、

普通ならティッシュが触れるだけでも

激しい痛みがありそうなのに、

リンパ隔清手術の影響で、周辺の神経が無いらしく、

また、麻薬系痛み止めの効果もあって、

痛みをあまり感じないらしい。

神経が通っている所との境目付近が一番痛いらしい。



こんな状態でも妻は、

一切病気の事や不安を口にすること無く、

時折来る痛みに耐えながら

家族で居られる時間を大切に過ごしているように見える。



正直に言って、

ここまで悪化してしまった状態を見て、

前向きに…と言われても、そんな気にはとてもなれない。



それでも、妻は今ここにいて、

癌の恐怖、痛みと戦いながらも、

不安も、文句もひとつも言わず、

久しぶりの我が家、家族の時間を噛み締めている。



今は、妻にとって本当に貴重な時間、

2016年を無事年越し、

新しい年を迎えることが出来る特別な日。

たった一度しかないその幸せな時に

後悔なんてしていられない。



また来年も迎えることが出来るようにと、



家族3人、同じ天井を見ながら



1年振りの我が家で眠りにつきます。



来年こそは良い年になるようにと願いながら…

■舌癌28 失いたくないもの。生きる価値は?

2016年12月



これまで、

何度かの再発、転移を乗り越え、

幾度もの治療を行い、

辛い治療、苦しい副作用に耐え、

それでもめげずに、絶対に治して家に帰ることを

目標にして頑張ってきた。



もうこれ以上は体力的にも厳しいな、と

体力、気力の限界の崖っぷちから

半身を乗り出したような状態まで経験して、

それでも、本人の強い意志と、

妻実家の手厚いサポート、

息子の成長を見守るんだという私たち家族の想いを

癌に立ち向かうエネルギーに変えて頑張ってきた。



しかし、

癌は容赦なく妻の体の中で暴れまわり、

今までよりも更に大きな塊となって姿を表す。






再発を宣言された…。






小線源治療後、退院し、副作用に耐え切った後、

ようやく自力で食事し、体に元気が戻ってきた

2016年の秋の頃、

妻は、友人、会社の仲間とコミュニケーションを取り、

お見舞い等や、外出時間を取って友人に会い、

沢山の励ましを貰って、

これからの治療にも全力で頑張るよ!

と、自分を奮い立たせるように伝えてきていた。



毎日、頑張って食事しているところや、

プリンなどを食べているところを写真に撮り、

LINEなどでも元気に報告をしていた。



だが、今回の顎下、口腔低の再発、

右頚部リンパへの転移には、

相当なショックを隠しきれず、

初めてみんなの前で涙を流します…



顎下の創部は目に見える速さで悪化し、

大きく変形し、

膿を出し、

顔もパンパンに腫れ、

見るに耐えない状況になっている。

痛みも増しているという。



この創部は、今後手術でどうにか出来るものなのか、

それとも、手の施しようが無く抗癌剤に頼るも、

効果が薄ければ、口腔内と繋がる穴が空いてしまうのか…



もし治す方向で手術が出来るとしても、

その内容は前回説明の通り、想像を絶する内容。

どちらにしても、

これからは気が気ではない状況になる事を、

本人も、

家族も、

覚悟をしなければならない。



それを受け止めなければならないというプレッシャーだけでも、

気が狂うほどの苦しみを、私自身も感じている。

妻の心境はとても計り知れない。






大丈夫だよ。



という言葉で、

安心させる事が足りていないかもしれない。



そんな話を少し前にしているが、

もし皆さんがこの同じ状況になってきた時、

何の解決方法も、

後ろ盾も、

やれるべき事も無く、

ただ主治医の言うことに従うしか出来ず、

その治療方針も、こう言ってしまっては良くないかもしれないが、

とても治療後に今よりも改善される、辛さを取り除けるものではなく、

今よりも辛さを倍増させるような治療方法しか選択出来なくなっている。

生きるためには必要だと言われればそれまでだが、

生きる意味、生きている価値が感じられなければ、

その治療をする事自体にも価値は見いだせない。



昨今の癌治療で、治療自体の有効性よりも、

QoL(クオリティオブライフ)に重きを置くようになってきたのは、

この辺りの、治療と、生きる価値とを天秤に掛けた結果、

生きる価値が無ければ治療する意味も無い、

という意見が非常に多いという事だろう。



これほどまでの状況を受け止めなければならない

最愛の人に対して、



大丈夫だよ。



と、ただ言うだけで、

本当に心安らかになる、と判断は出来ますか?

それが最善の策だと、その瞬間に判断出来ますか?



癌に対して、

出来る治療が無くなっていく感覚の中では、

大丈夫、などという言葉は

本当に無意味にしか感じられない。



大丈夫、なんて言いながら、

目に見える速さでやせ細り、

動けなくなっていく姿を

ただ優しい目で見ているだけ、など、

溺れている人に手を差し伸べること無く、

ただ笑顔で見ているのと何ら変わりはない。



それが、今まさにもがき苦しんでいる

最愛の人に掛ける最高の言葉になるのか、

私としては疑問でしかない。



それでも、

それでもなお、

その気持ちの中で



大丈夫だよ。



と言ってやれなければ、

ひとりこの世の流れから置いてきぼりにされそうに

なっている人からすれば、



私の事を助けてくれる人は誰もいない…



という孤独、絶望に襲われる。



せめて、それだけでも避けてやりたい、

何とかしてやりたいと思っている、

あなたを孤独にさせない私は、ここにいるよ

という思いで言う



大丈夫だよ。



という言葉には、

深淵よりも深い愛と、悲しみと、優しさ、

その全てが満ちている、

一生のうちで一度きりの言葉だろうと感じます。






2016年12月22日



東京医科歯科大学の診察日。

小線源治療後の口内状態の診察です。



外出の際、車椅子を使うことが増えてきた妻ですが、

この日は自分の足で歩き、Y先生のところへ。



1か月前の検診の時とは大きく変わった妻の病状に、

Y先生もショックを隠しきれない様子。



妻も、舌がうまく動かせず、

喋ると舌が痛くなる事から、

この頃から、あまり多くを喋らなくなってきていた。

しゃべっても、

喉がガラガラと常に痰が絡んでいるような声になってしまう。



口腔内の目視、触診も早々に終えるY先生。



🏥舌には違和感は無く、とても綺麗で柔らかく、

非常に良く治ってきていますよ。



👩やったぁ!٩(ˊᗜˋ*)و♥



という気持ち全開で目を丸く輝かせる妻。

声には出さなくても、

目は声以上にものを言う。



🏥顎の方は…再発してしまいましたか…

そうですか…

ほんっっっとうに治療頑張ったのにね…

できる限りの事はしたんだけど…そうかー…



妻は目をつぶり、こく、と暫く頭を下げた。



👩Y先生、ごめんなさい…



多分、そう言いたかったんだろう。



誰も、何も喋ることが出来ない一瞬。

目頭が熱くなる。

小線源治療を終えて、

いきなり 赤いきつね を食べるやんちゃ振りを見せたのは

つい先日の夏のこと。

たったの3ヶ月で、まさかこんな状態にまでなるとは…



それでも妻は、

以前見せたタブレットの音声読み上げ機能と、

日々撮っている写真とを見せながら、

この1ヶ月、こんな風に頑張ってきたんだよ、

小線源の副作用もようやく落ち着いて、

少しは食べられるようになったんだよ、と

片言の言葉を添えて積極的に話しかけます。



妻は、Y先生の人柄が本当に好きなんだろう。

経過の話は、辛い話もあったが、

終始笑顔で冗談まで言えるほど

会話を楽しんでいたようだ。



🏥妻さん、次の診察は、年明けに予定されている

手術とかもあるから、そういうのも終わって、

元気に顔を出せる時にまた来てください。

いつでも連絡くれたら予約出来ますから。

ね。

治療頑張って、体力つけて、

また元気な姿を見せてください。

待ってますから。



妻は力強く👊を握って、

また来ます!

と先生に伝えます。



とても厳しい状況だが、

また妻をここに連れてきてやりたい。

妻の心配ばかりしている私と話しているより

先生と楽しそうに話している妻をまた見たいから…






東京医科歯科大学を出て帰る途中、

息子のクリスマスプレゼントを調べるために有楽町へ。

少し頑張って歩き、プレゼントを見て回る。

結局ここでは買わなかったが、

せっかく来たついでに、

妻への誕生日プレゼントも何がいいか聞くと、



👩タブレットの新しいのが欲しい!

今使ってるやつ、タッチパネルがおかしくて暴走する。



ということで、少しタブレットを見に行き、

何となく雰囲気を掴んだ頃、

痛み止めを飲むのが普段よりも遅くなり、

疲れも出てしまい、

調子が悪くなってきてしまったため、

早々に撤退し、トイレでオキノームを飲む。



即効性があるため、すぐに痛みはおさまった事で、

今度は食欲が出てきた、という事で

東京国際フォーラム内にある

モンサンミシェルのふわふわオムレツのお店

ラ・メール・プラール 東京へ。

f:id:aegis-pilebunker:20181111201908j:plain

写真: ラ・メール・プラールサイトより



妻の、1月の誕生日の食事は、

手術の関係で行けそうもないため、

急遽このお店に行くことにした。

ふわふわオムレツならきっと食べられるんじゃないかと。



このオムレツは異次元のフワフワ感で、

まるでケーキのクリームを食べているよう。

メレンゲを大量に混ぜた卵黄の表面を焼いたオムレツなので、

中は生シフォンケーキのような感じ。

噛む必要がなく、

口の中に入れるだけでジュワーっと自然に溶けていくような食感。

これには妻も感動で、すごく食べやすい!と、

まるまる1つを食べ切ってしまった(๑>؂<๑)



私たちは、普段あまり外で食べない代わりに、

こういった感じのフレンチや、イタリアンのお店にたまに行くのが大好きでした。

ディズニーシーのマゼランズ、SSコロンビアダイニング、リストランテ・ディ・カナレット、

ミラコスタのベッラヴィスタラウンジ、
ランドホテルのシャーウッドガーデン、
などは本当によくお世話になりました。

それ以外にも、ごく一部の地域のみで小さな有名店になっている某ホテルで腕を奮ったシェフとソムリエの2人だけで営む隠れ家イタリアン。

軽井沢の名店で、自分たちが行った後に火事で消失してしまったエンボカ。

いまは見事に新店舗復活を果たしたようですね。
外観はガラッと変わってしまって、以前のような木造の良さは無くなってしまいましたが、また行きたいなぁ…

なんだか、安倍総理も予約を断られたとか噂まであるんですね。いずれにしても究極のピザ、チーズ、生ハムが食べられて、

何よりも、他では体験出来ないような、店に入る前から異世界の森に迷い込み、その奥深くにあるたった1軒のレストランというシチュエーションが味わえる、雰囲気も最高のお店でした。紛れも無く名店だと思います。今はどうなんだろうな。



そんな思い出にも想いを馳せながら、

また行こうな、絶対行こうな、美味しいお店。

きっと食べられるようになるよ、

Y先生も言ってたじゃん。

舌は凄くよくなってるって。

癌さえいなくなれば、あれだけ大変だった治療でも、

体はちゃんと再生出来るんだよ。

癌さえいなくなればいい。

そうしたら、また美味しいもの食べられる。



絶対大丈夫だよ…!!






この言葉が自然に言えたのは何ヶ月ぶりだろう…



根拠がなくても、

後ろ盾が無くても、

この先の事に不安しか無くても、



2人で築いてきた結婚してからの日々、

掛け替えの無い思い出、

何事も起きない日常、

沢山食べに行った美味しいもの…



本当に大切なものであれば、

失いたくないものがあれば、

その言葉は自然に出てくるもの。



いつもいつも、治療をどうするか、

次は何を調べればいいのか、と

癌と付き合っている状態だと、



本当に大切なもの、

大切な時間、

無くしたくないもの、

今しか出来ないこと…



そういうものが、自分の手から溢れて行ってしまう。

どんなに治療が辛くても、

どうすればいいかわからない日々が続いても、

命の決断を迫られる時でも、

ほんの一瞬立ち止まり、

本当に大切なものに気持ちを向けてみて欲しい。



たぶんそれは、



最愛の人も思い描いている、



二人だけの本当に大切なもの、



大切な時間、



生きる価値。



それを無くしてしまったら、

どんなに治療の知識を持っても、

どんなに相手の事を考えてあげていても、

今まさに命の危機にある人の

想い、希望、生きる意味…

その気持ちを支えてあげる事が出来ない。



生きる意味を、価値を失ったら、

どんなに最新の治療法があっても、

それは本人にとってなんの意味も成さない。



それに気付き、支えられる唯一の言葉が、



大丈夫。



あまりに毎日が怒涛の如く過ぎ去っていく中にいては、

これに気付くことは相当に難しい。



今、まさに闘病をしている方、

最愛の人の闘病を支えている方、

今一度、想いを寄せる方との失いたくないもの、

大切な時間に目を向けてみて欲しいです。

その大切なものを失いたくない、という気持ちを

もう一度思い出してみて欲しいです。

きっと、言葉が出ない程に辛い思いをしていても、

必ず、もう一度想いを重ね合わせることが出来ると思います。






2016年の年末まであと少し。

妻は、1日、1日、濃密な時間を過ごし、

命を掛けた治療に立ち向かう為の

鋭気と、前向きな気持ちを蓄えていきます。



生きて、また幸せな日々を取り戻すために…

ブログ更新メールが来なくなった?

f:id:aegis-pilebunker:20181109081830p:plain

11月に入ってから、

はてなブログの購読サイトが更新された時の

メールが来なくなってしまいました(゚Д゚)



アプリは使ってないので、

更新の影響とか無いはずなんですが…



PCも開いている時間は無いので、

基本スマホchromeのみで読み書きしています。



購読ブログの更新メール設定もONになっていましたが、

いったんOFF更新、ON更新してみました。



これで明日朝更新メールが来なかったら

何が原因なんでしょうね?



あと、ずっと気になっていた

カードリンクというのでしょうか?

リンク先サイトのサムネイル表示入りの

リンクの作り方がわからず…



スマホだけで更新していると

出来ない機能なのか、

リンク挿入のボタンなんかが無いんですよね。

画像やTwitterなどの挿入ボタンはあるのですが。



多分PC表示にすれば出るんだろうけど、

普段使いがしにくくなるので、

やりたくないというワガママ。



もしアプリ使わず、

スマホ表示でカードリンクの入れ方ご存知の方

いらっしゃいましたら教えてくださいませ_(-ω-`_)⌒)_



あと、購読メール復活方法とか、

全然関係ない話とか、

なんでも募集中です(笑)

f:id:aegis-pilebunker:20181109081851j:plain

まってるぜ!

■ADHD13 てんかんの検査と最近の状況

2018年11月現在



最近、息子の様子が安定しません。



前回、

てんかんか、チックか分からないような

目をキョロキョロするような動作がある事をお伝えしていますが、

前回の記事投稿後、直ぐに病院へ相談に行きました。



その動きは、

食事中に頻繁に起き、

普段通りの行動や、食事中に、

突然目を大きく開き、

目玉を左右の限界までキョロキョロと動かしながら、
ゆっくりと背筋をのばし、頭が起き上がっていく。

頭も、ごくゆっくり左右に小さく振るような動きも。



その動きが出ると、

顔周辺の他の動きだけ全て止まってしまうが、

首から下の体の動きは、まだ自分のコントロール

多少は残っている感じ。

時間にして約2~5秒くらいだが、

その後、ハッと気付くように元に戻り、

また1~5秒後くらいに同じ動きを繰り返す。

長い時で、この動きが2分程度は続き、

その間は、連続的にその動きを見せるが、

落ち着いてしまえば、一切その動きは無くなる。



何故か食事を始めた時にだけ頻繁に起き、

それ以外の時は、出たとしてもそこまで酷くは無い。

学校の授業中でも数度、発生を確認しているらしい。






息子のその動きをビデオに撮影し、

先生に見せます。



気になる動きですね。



と、後日、脳波の検査をすることに。





脳波の検査は初めてでした。

他の刺激の影響を受けない為に、

睡眠導入剤のシロップを飲んで、

検査室で眠りについてから検査を行います。



頭に、ガムとクリームの間のような

白いボンド状のものを付けて、

電極を何本も頭皮に貼り付けていきます。

この状態のまま、20分くらいでしたでしょうか。



静かな暗い室内に、

脳波計のロール紙を送る音と、

サラサラと何本もの波形を描いていく音だけが響きます。



f:id:aegis-pilebunker:20181105075316j:plain

参考画像:てんかんinfo 「やさしいてんかんの本」より



私も、子供の様子が気になるため、

見てますか?

と、先生から促されて室内で待ちましたが、

下手に音も立てられない、電子機器ももちろん使えない、

暗く、暖かく、静か…

まあ眠くなりますが、息子の脳波を見ながら頑張りました。



そこには、

何の反応も無いような、なだらかな波形と、

突然振り切れる程に、四角い芋ようかんのように書かれる波形や、

真っ黒にグシャグシャグシャ!と塗りつぶしたような、激しく上下に振れる波形とが

数秒おきに繰り返し記録されていました。

その間、寝ている息子は微動だにせず、

スヤスヤと寝ています。



明確な結論までは未だに出ていませんが、

一旦の結論としては、

異常な脳波。



細かく見ていくと、

脳全体が激しく興奮しているような状態以外にも、

右脳には一切反応なしで、左脳だけが振り切れる程の反応、という特徴的な波形も度々出ていました。

右脳だけが反応しているという状態は一切無く。



外的要因によらないもののため、

多分、生まれながらにして持っている特性ではないかということですが、

ここ最近で行動にまでその影響が出てきているのは、

何らかの負担や、心の問題、

簡単に言えばストレスが関わっているのではないか、と。



まずは、暫く様子を見てから再検査をするために、

テグレトール (カルバマゼピン) を通常の半量を飲んで

症状が改善するか様子を見ます。



くすりのしおり
テグレトール (カルバマゼピン)
http://www.rad-ar.or.jp/siori/print.cgi?n=43061



この薬を飲み始めたのが9月後半からですが、

てんかんのような症状のピークは

検査前の診察に行った9月頭で、

夏休み直後が最も酷かったように思います。

脳波の検査をした頃には、だいぶ状態も落ち着いていました。



また、夏休み明けから

学校で居眠りをしてしまうことが増えました。

これは薬を飲む前からで、

現在も居眠りは続いています。



薬自体にも当然、てんかん症状を抑える効果や、

副作用として、眠気、倦怠感、やる気が出ない

などの副作用があります。



今現在、

てんかんのような症状はだいぶ軽くなっていますが、

薬を飲む前からその状態になっていたため、

悪くなるのを抑えられているのか、

まったく効果無しなのか、判断がつきません。



眠く、やる気の無い状態が続いているのも、

夏休み後からあった事なので、

薬を飲んでいるから、という断定的な判断は

まだ早いかと思います。

しかし、薬にそういった副作用があることは確かです。

症状が悪化していかない事を確認の上で、

どこかのタイミングで薬を止めてみて、

今の居眠り、やる気無しが少しでも改善するのか確認したいところです。






やる気の無い状態や、

声掛けしても動き出さない状態、

朝起きれない状態が続いているため、

やるべき事がしっかりと出来ない事が多くなった。



やりなさい、時間が無いよ、起きて、

という声掛けが、必然的に増えてしまいます。



言われれば、やはり腹を立てます。

腹を立てれば、また好ましくない行動を取ります。



結局、多動、衝動的な行動から行き着いてしまう結果と、

薬の効果か分かりませんが、行動力が甘くなった事で行き着いてしまう結果は、

同じ所に辿り着きます。

怒り、反発、癇癪。



最近、学校、学童でも、

友達へ酷いことをすることも増え、

以前のような、理解してもらえない事からの承認欲求による暴れは無くなったものの、

ちょっとしたやり取りの中で腹を立て、

相手の首を締めたり、目をパンチしたり、

縄跳びで叩いたり…

怪我をさせてしまった子が息子を怖がり、

学童に行きたがらなくなってしまったという連絡もあって、

まずはお電話での謝罪をさせて頂いたご家庭もあります。



その節は本当に大変申し訳ございませんでした。



縄跳びで叩かれるなんて、

大人でも痛く、怖いのに、

子供であれば尚更です。

こういった事に対しては 

障害児だから

なんていう言い訳は一切ありません。

息子が理解出来る順序、話し方で伝えては行きますが、

最終的には、大カミナリを落とすところまで言い聞かせをして、

二度と同じようなことをしないように!!

と何度も何度も、忘れていかないように伝えていますが、

本人の中で、どういう意識でいるのかまではわからない状況です。

叩いてしまった子が学童に戻ってきたら、

心の底から謝罪して、

二度とそういうことはやらない、という事を

誓ってきなさい!

と伝え、

本人も、自分の口でそれが言えるとこまで理解はさせましたが、

ちゃんとその行動が取れるかどうか分かるのは

もう少し先になりそうです。






薬の副作用かわかりませんが、

思わしくない行動がある事を病院にも相談したら、

11月からはテグレトールは量を減らし、

イーケプラドライシロップ (レベチラセタム) 

を追加処方されました。



くすりのしおり
イーケプラドライシロップ (レベチラセタム) 
http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=37358



今はこの薬を飲みながら様子を見ていますが、

大きな変化は感じられません。

未だにてんかんのような症状は出ます。



学校の方でも色々対処を考えて頂いており、

息子は、体育が楽しみな日は、

それを目標にすごく頑張れているが、

体育が無い日や、

別イベントの練習の為に体育が削られたりすると、

とても調子を崩して、2~3時間は授業に戻れずに

寝てしまったり、

校長室に行ったり、

保健室に行ったりしてしまいます。



そんなことで何時間も授業を受けられないなら、

まだ、毎日体育をやらせて、

気分をスッキリさせたほうが授業に参加出来るんじゃない?

と、本人と先生方が話してくれたようで、

息子も



それがいいヾ(@゜▽゜@)ノ



とアホ面…じゃなくて、満面の笑みで答えていたようで、

これから一日1時間だけ、

いわゆる特別学級の子がやっている

毎日の体育に参加させてもらえる事になりました。

3時間も無駄にするよりは、

まだやる気のある事をやって欲しいですからね…



学校の対応も、

家庭の対応も、

治療方針も、

薬の合う合わないも、



どうすれば良くなる、という答えが無く、

暫くやって良くなるか、様子を見てみましょう。

という時間の掛かる対応ばかりです。



次回、今やっている結果がどういう結果となって

出てくるのか、ちゃんとお伝え出来たらいいですね。

良くても、悪くても、

それで1歩は前進できる事に繋がるのではないかと思います。

■舌癌27 4ヶ月前のプレゼント

2016年11月上旬に、

癌転移のあった左頚部リンパ節の切除をしてから1ヶ月。



癌は、右頚部リンパ節へ更に転移。



また、以前から顎下に

放射線治療の副作用か、癌転移か判断を付けられず、

徐々に赤みを帯び、腫れ、

黒ずみを伴って500円大の大きさまで膨れてしまった

手の付けようが無かった病変部も、

遂には、硬結を伴って赤みが広がり、

膿が溜まっているような新たな膨らみまで

出来てきてしまった。



通常、切除という判断をするのは、

癌を全て取りきり、根治を目指す場合に行う。

一部、苦痛を取り除き、

延命をする為に切除手術を行う事もあるようですが。



今、この時点では

右頚部リンパ節の転移は、悔しいながらも確定してしまったが、

更に、顎の方の状況が悪化してきている事から、

そちらをどう対処するかを決めていかないと

癌を取り除く、という判断が出来るのか、

薬が上手く効くことを願って延命治療に舵を切るのか、

それも決めることが出来ない。



まずは、近日中に治療方針を決めることを前提に、

少しでも癌の進行を食い止めるために

抗癌剤 TS-1 を直ぐに開始します。






2016年12月6日



抗がん剤 TS-1 を開始して約1週間。

今のところ副作用らしい辛さは無いようだが、

口内炎、食欲不振は出てきている感じはするらしい。



副作用よりも、

しっかりと癌にきいてくれているかどうかが重要だが、

副作用の見え方に比べ、

望むべき効果が出ているのかどうかは、

非常に分かりにくい。



体を痛め付けてまで抗がん剤を飲んでいるのだから、

単純な毒薬にはなって欲しくない。



抗癌剤の副作用か、

手術による両リンパ節切除の影響か、

顎の下の腫れ、顔の浮腫みが酷くなってきている…

まぶた、ほっぺた辺りが腫れぼったく膨らみ、

表情が大きく変わってきてしまう。



先日撮影した顎のCT、MRIの画像では、

顎骨には異常は無いようで、

骨と、口腔底の間には、はっきりとした骨膜が確認され、

口腔底に広がる白い雲のようなモヤモヤしたものが

骨膜にくっついている場所は無く、

癌が顎骨に転移しているような所見は無し。



また、

骨自体の映り方にも異常は無く、

顎骨壊死らしき所見も無かった事は、

まだ望みを持てる診断結果だった。



顎の腫れている部分は真っ白の塊のように映り、

癌転移したリンパ節と同じような状態。

多分、癌転移しているんだろうな

と、画像を見た妻も思ったという…



ただ、膿が溜まっていたとしても同じように映るらしく、

主治医としては、まだ画像だけでは判断が出来ないとのこと。



しかし…

このサイズで癌だとしたら、

今までには無かった最悪の大きさだ…

顎の下に張り付くように広がっているが、

1つの球体のように考えれば、

直径3センチくらいの玉が

顎の中に半分埋まって、

半分は外にせり出してきているようになっている。



この顎の内部も、明日、生検をする事になった。



生検の際、膿しか出てこなければ、膿を排出した上で抗生剤を飲んで対処を続ける事になる。

が、もし膿ではなく、癌だった場合、

右下顎を、骨の一部を残して区域切除し、
(当然、切った場所の歯も無くなる)

舌は、高い再発の可能性があり、全切除となる。
もし少しでも残せる可能性があるなら、飲み込む力を残せるように、舌根の一部は残すかもしれない。

そして、大きく欠損することになる顎、口腔底を、有茎皮弁(肩、胸付近の肉を、血管を繋いだまま、切り離さずにねじって持ち上げ、顎の血管と繋いで顎の欠損を埋める)で再建しながらの手術になる、との事だが、

放射線を当てている場所のため切除範囲はどうしても広くなってしまう。

持ち上げる肉が足りない可能性もあり、

その際は、腕や腿から遊離皮弁(血管を含む肉組織を切り取り、手術箇所の肉の不足を補う)まで必要になる可能性もあるとの事だ…



既に体重は40キロを下回っており、

体も痩せてきてしまっている。

補うための肉組織も十分とはいえず、

広く体を切ってしまえば、

それ自体が命取りになる可能性だって十分ある。



いくら医療行為とはいえ、

体を切り刻んで無事に済むわけは無い。

顎を補う為に切られた他の部分を補うものは何も無いのだ。



このような再建手術をされた方の記録を見ると、

癌などの切除箇所よりも、

腕や足の肉を切除した場所の方が遥かに痛く、

暫くは身動きが取れず、

リハビリにも相当に時間が掛かる、

と、よく書かれている。



院内だけは自分の足でまだ歩けているが、

外出時は常に車椅子で、

歩くこと自体が少し大変になってきているため、

そんな大手術になってしまったら、

リハビリなどまったく出来ないのではないか…

寝たきりになって、

全ての生きる力を失っていってしまうのではないか?

という不安と、



それでも、生き残れる僅かな可能性があるなら、絶対にあきらめたりしない!

という妻の強い思いが激しく対峙する。



妻がそう思っているなか、

私から、



もう諦めよう



よく頑張ったよ!
キツい手術はやめてさ、出来る限りの時間を楽しく過ごそうよ。



なんて絶対に言えないのです。






今回の、顎病変部の生検結果次第では、

妻の命に直結する選択を迫られる可能性が高い。



妻は、

一緒にいても、うつむき加減で、

何処か1点を見ていることが多くなった。



みんなで息子の七五三をお祝いした頃のような笑顔、

まだまだ元気そうな姿は、

たった1ヶ月の間にだいぶ変わってしまった…



癌治療を始めた時に目標にした息子の七五三を、

無事に、幸せを噛み締めるように終えた日から、

急速に、

全てに満足をしたかのように…



もうあの笑顔を見ることは出来ないのだろうか…



どうか妻を助けて欲しい…



どうかこれ以上辛い思いはさせないで下さい…



コンビニしかやっていない夜道を

一人歩きながら願いを掛けても、

思いは虚しく夜空に吸い込まれていくだけ。



誰もいない

誰も助けてくれない

最愛の人が、

これからの人生を共に歩いて行く筈の人が、

自分の目の前で、成す術も無く

体を蝕まれ、心を粉砕されていくのを

見ていることしか出来ない気持ちなど、

理解出来る筈も無く、

慰められる人もいない。



人は、本当の不幸を背負った人に

掛けられる言葉を持たない…






妻もまた同じ…



先日の七五三のお宮参りの際、

子供の将来の幸せを願ってご祈祷、

なんてやって貰ったが、

この子の幸せな将来は、母親無くしては叶わない。



母親がいない家庭が幸せではない、と言いたい訳では無い。



しかし、望まず病気になり、

何とかしてそれを乗り越えようとしている、これからが正に母としての幸せ、家族の幸せ、という時に、

我が子を抱きしめてやることも出来ず、

致し方なく子育てを放棄しなければならなくなった母親と、



3歳の頃から母親が家におらず、

父親とも離ればなれの生活となり、

結局は母親を亡くし、母の愛情を知らずに育つ子と、



そういった苦労、不幸が一切無い普通の家庭とでは、

どんなに上手い言い方をしても、

母親がいない家庭よりも、

一家団欒が当たり前にあって、笑顔が絶えない家庭の方が、

あらゆる意味で幸せである事に間違いは無い。



我が子の幸せを願うなら、

まずはその母親が幸せであり、

せめて生きて子育てが出来る環境でなければ、

それが無くなる前提での、我が子の幸せを願う、

なんて話は有り得ない。



私は、七五三のお宮参りのご祈祷のとき、

正にこれを神様に願い、お祈りをした。



この子の幸せのために、

どうか、妻を病気から解放してください。

子供の将来の幸せを叶えるのであれば、

まず必要なのは、妻の命を救うことです!

どうか、本当にご利益があるものなのであれば、

妻の命を救い、この子の未来を明るいものにして下さい…



…… あなたの、神としての力が本物ならば、この不幸、取り去ってみろ!!そうしたら、神の力も信じてやる!それが叶わないなら、私はもう二度と神の力など信じない!!こんなことになる前から、あなたに献身的に貢物を与え続けなければあなたは人を助けようとはしないのか!神は自分を満足させてくれる人しか幸せにしないのか!順番が逆じゃないのか!全ての人を平等に愛し、救うのではないのか!そうではないのなら、あなたは悪魔と何も変わらない!妻を救うことが出来たなら私はあなたの奇跡の力を信じる!



そう願いました。



後で妻にそう報告した際、

笑顔でこう答えました。



👩あはは(笑)
凄いお願いしたね。確かにそうだよね。

でもね、
居ない神にお願いなんてしたって無駄なんだよ。
神様なんて居ない。
あれだけ祈って、何も変わらないなんて、
シカトもいいとこだよね。

神様は居ない。
お願いなんてしたって無駄なんだよ。



(この当時、妻の御両親は毎日早朝6時頃に、欠かさず八幡様へ妻の病気が治るようお祈りに行き、それから1日を過ごす生活をしていました。)



妻の気持ちを表す、突き刺さる一言でした…






2016年12月7日



👩細胞診やってきた。痛いので寝ます…😖💧



ここまでくると、

生検なんて正直どうでもよくなってくる。



誰がどう見ても、切って拡大を食い止めなければ

どうにもならないものだ、と一目で理解出来る。



わざわざ痛いことをしながら時間を無駄にするのではなく、

まだ可能性がある方法があるなら、

今すぐにでも手を打って欲しい、と

ただただ焦りだけが込み上げてくる。






2016年12月8日



👩まだ生検の結果は出ないけど、多分年明けくらいに手術を予定する事になるだろうから、年末はリフレッシュの為に家族で過ごしてきなよ、と看護師さんから言われました。



🧑そっか。1ヶ月くらいなにもしない感じになるのが気になるけど…



👩年末あたりは、病院といえどもやっぱり体制が手薄になるみたい。この病院が、じゃなくて、ほかの病院(がんセンター等)も、別科の体制としても。
そういう時にリスクある手術とか治療とかは、何かあった時に対処出来ないことがあるから、避けるんだって。



🧑こっちはそれどころじゃないって言いたくなるけども、他の病院のバックアップ体制まで何とかせい!とも言えないところなんだよな。



👩早速だけど、土曜日、お母さんと 息子 とDisneySea行ってくる。
で、日曜日のお昼はイクスピアリの今半で、すき焼き食べたい!



🧑食べたいって気持ちはとっても大事!予約しとこう!






2016年12月10日



実家のお母さんに車椅子を押してもらい、

息子と一緒にディズニーシーへ!



自分は残念ながら別の病院通いのため、

今日は一人行動。



息子が、寒い中アイスを食べながら、

更にギョウザドッグを食っている写真が送られてきて笑いました(笑)



妻は、病院にいると、ふさぎこみがちなようで、

ディズニーシーでは息を吹き返したかのように

元気に楽しんできたようです。






12月11日

昨日から外泊で、妻実家に。

お昼からは、妻希望のイクスピアリの今半ですき焼きランチ!

すき焼きなんかより、食べたい!という思いがある妻の気持ちの方が嬉しい。



家族、妻両親でイクスピアリへ。

みんなでディズニーに行くのは11月の息子七五三振りで、

1ヶ月くらいしか経たないが、随分久しぶりに感じる。



今半のすき焼きは、お肉が本当に柔らかく、

今の妻でも小さくちぎって食べられた!



本当に美味しそうに食事をする妻。

こんな姿、ごく稀にしか見ることが出来なくなった。

妻と一緒の時間を過ごしている中で、

最も嬉しい気持ちになる時。

全てを忘れ、笑顔になれる一瞬。



そして、食事中に

妻から唐突に手紙を渡される。



f:id:aegis-pilebunker:20181022052347j:plain



なんと、ディズニーランド、シーの2パーク年間パスポート!



👩誕生日プレゼントね!
私が行けない分、息子を連れて行ってあげて(*^_^*)
私もまだ4月までは年パス残ってるから、外出でも一緒にいけるね!



この時、私の誕生日の4か月前…

妻は、なぜこのタイミングで年パスをプレゼントしてくれたのか。

今となっては理由もわかります。

でも、当時は嬉しい反面、相当複雑な気持ちに。

泣きながら笑いました。



妻も、私も、暗黙のうちに、

これが最後のプレゼントになるかもしれない…

そう感じていたような気がします。



ランチも終え、そろそろ店も出ようかという時、

先日の顎下の生検をした部分に貼ってあった大きめのガーゼに、

少しの滲出液が滲んでいたのを見て、



🧑えっ、それ…



👩こないだの生検をやってから、膿っぽいのが出るの。



生検で顎下に針を刺した時にも膿は出たらしく、

その傷が塞がらずに、今でも滲出液がでてくるらしい。



東京医科歯科大学のY先生が確か言っていた…

滲出液が出てこないか?と。



生検で針を刺した後の傷が、塞がらないのだ。



癌化した細胞は、正常細胞のように治癒しない。

一度傷が付いたら、最悪、失血死するまでそのままだ。

また、傷を治そうと身体中から集まる栄養をがん細胞に横取りされ、

更に癌細胞の分裂は、傷口に沿って拡大していくと言われている。

だから、癌細胞は、闇雲に傷を付けるような事をしてはならない。



生検自体にリスクがある、というのはこういう事で、

恐らく、妻の顎下では、そういう事が起きている可能性がある。



そこにいた妻の両親、妻本人も気付いていなかったようだが、

この状況は本気でマズイ。



口腔内のえぐれていく潰瘍部分もどんどん穴が広がっているらしく、

本人曰く、喉の奥の、鼻と繋がっている所くらいまで

えぐれた状態が拡大している、との事。

ご飯粒などを飲み込む際に鼻の穴に入りやすいらしい。



壊死?潰瘍?

いずれにしても、えぐれていく穴が拡大していくのは

癌のせい?放射線性壊死のせい?

正確な判断は、先生にもわからない。



いずれにしても、これを切って食い止めるとなれば、

最低でも、喉の奥、鼻腔と喉の繋がっている部分の方まで切除しなければならないが、

それで食い止められるかどうかも定かでは無い。

喉の奥、脳との境目境目辺りまで切除して行くなんて、

そんな状態で生きていく事など出来るのか?

そもそも手術など出来るのか?

今の状況ですら誤嚥性肺炎などになりやすく、

急を要する自体にもなりかねない程だ。



明日は顎下生検の結果報告。

とにかく結果が良く、

妻にとって、みんなにとって、

辛い結果にならない事をただひたすらに祈る。






12月12日



👩生検の結果が出まして…。
再発を宣告されました。

今後の予定
・12/14(水) 外出許可にて勤務先(人事部で休職説明)へ
・今週末、一時退院
・1/4(水) 入院
・本格的に抗がん剤治療

今日だけ少し泣かせて下さい。
明日からまた笑えるように…

抗がん剤治療で病巣部を小さくしてから手術になります。今度の手術はかなり大掛かりなものになります。






顎下部の生検結果は悪い結果だった…

やはり、癌が見つかった。

再発か、残存か、恐らく残存の可能性が高いだろう。



1つの望みとしては、

今のところ骨や骨膜は綺麗に見えるため、

骨は残せる可能性がまだあるらしい。



ただ、癌は広範囲に広がっていること、

右頚部のリンパにも、以前見つかった癌転移があること、

舌にも怪しい影が見え始めている事…



ここまで再発、転移を繰り返している事を考えれば、

全身への遠隔転移をしていてもおかしくない。

しかし、最も遠隔転移の可能性が高いと言われる

肺には怪しい兆候は見られない。



これらを考えると、

手の施しようがない、という状況ではなく、

身体中に散って、まだ集積していない癌を叩きながら、

顎、頸部の手術で、まだ治療の可能性がある。



体力、気力が必要になる治療になる。



年末は、家族で過ごし、

頑張る力を蓄えてきて欲しい。



年明けから、

TS-1で癌細胞分裂のタイミングをコントロールしながら、

プラチナ系抗癌剤のネダプラチンで癌を叩き、

集積部が少しでも縮小するのを確認してから手術をする。



この先は長い治療、入院が予想される。

抗癌剤をフルドーズで行えば、

暫くの間、免疫力も無くなる期間があり、

外出も思うようには出来なくなる。



手術は、

舌の半分、口腔底の赤く変色した範囲、頬の方までを切除し、

出来れば骨は残し、

右脇肉を使った有茎皮弁で再建。

右足付け根の肉で脇を塞ぎ、

右頚部のリンパは単純に切除する計画だが、

いきなりは手術出来ない。



今までの経過、今の状況から判断して、

癌が散らばっている可能性が高く、

切除部分全てが癌化して、

傷が閉じることも出来ずに命を落としてしまう。



そうならない確率を少しでも上げるためには、

抗癌剤を使い、

癌に確実に効いている、縮小している事を確認する事で、

飛び散った癌にもその効果が出ていると判断し、

ようやく手術出来るかどうかが決まる。



まずは今のTS-1を年末まで3週間で終え、

年を跨いだ2週間の休薬期間を経て、

1月4日からネダプラチンを2週間。



更に2週間の休薬期間を経て状況確認後、

抗癌剤をもう1クールか、

手術をするかを選択する事になる。

早ければ2月上旬に手術の予定。



まだ若いから検討できる計画です。

それなりのお年の方や、体力を失った人には、

緩和ケア、延命治療をお勧めする状況です。

ですが、

私の診ている舌癌の患者さんで、80代の方がいるのですが、

これとほぼ同じ治療を行い、

1年くらい頑張って、自力でお煎餅を食べられるくらいまで回復されている方もいます。

体力さえあれば、まだ望みはあります。

お子さんだっていますし、まだまだこれからじゃないですか。

少し大変な治療になるとは思いますが、

がんばってやっていきましょう。



生検の結果報告の際に、

主治医のH先生から告げられたのは、

このような内容だった。






12月14日

妻、会社へ行き、

治療の経過と、これからの方針を伝えに行く。

癌再発が見つかり治療が長期化、

その治療のための長期休暇を取得するためだ。



🧑いっぱい励まして貰って、いっぱいパワーを貰えたかな?



👩会社のみんなに会えて嬉しかった!💖
かつての部長もわざわざ会いに来てくれたし!



🧑みんなの想いを背負って、夢を叶えよう。大きな大きな夢。
仕事に戻れるかどうかはわからないけど、
これは 妻 にしか出来ない壮大なプロジェクト。
癌を克服して、また会社のみんなに笑顔を見せる!
みんな、最高の笑顔で迎えてくれるよきっと!
絶対成功させよう!






12月16日

抗がん剤の経過も悪くはなく、一時退院可能となった。



抗がん剤は12月20日まで継続し、

1月3日までは休薬期間となるため、

そこを自宅で過ごせるようにすれば、

負担も少なく、

年末年始を家族で過ごすことが出来る。



手術後の治癒期間でも無く、

放射線の副作用期間でも無く、

抗癌剤も落ち着いてくる休薬期間。



2016年 年末

この年の年末年始は、

家族にとって忘れる事は出来ない

大切な1年の締め括りとなりました…。

■舌癌26 覚悟

2016年11月24日



前回お伝えしている、

左頚部リンパ節切除手術から15日が経過した

冬の匂いを感じる寒い日。



この日、例年よりもだいぶ早く

東京に雪が降りました。






いつもなら、

毎年スノーボードに行っている妻と

_|\○_  ε== \_○ノ   ヒャッフー!!

と小躍りして喜んでいる筈ですが、

この時はそれも叶わず…



しかし、LINEの画面に

雪がはらはらと降ってきたのを見て、

少し嬉しいような、

少し悲しいような、

来年は、一緒に雪見れるかな…

見れるよね?

きっと、旅行にも行けるよね?

という気持ちで、

2人違う場所で、

同じLINE画面を見ていた事を思い出します。






🧑寒くなってきたけど、痛みとかはどう?
痛み止めの薬とかは以前と変わらず?



👩今はこんな感じだよ。

オキシコンチン
  6:00 20mg
 14:00 20mg
 22:00 80mg
オキノーム散
 4時間半空けて 60mg



🧑オキノームは1時間空けて飲んでもいい10mmだったよね?痛みは小線源の頃に比べれば落ち着いてるって言ってたけと、前より薬増えてるよね…






言わずも、

そうだよな… 

と感じる病気の進行状況。

きっと、今の痛みに対しては、この薬のバランスが一番疼痛を感じにくい処方なのでしょう。






🧑前、オキシコンチン飲んでた時は吐き気があったけど、今は大丈夫なんだ?



👩今は吐き気ぜんせんないねぇ。






医療用麻薬は、

体が馴れないうちと、使いすぎている時には、

吐き気や強い眠気に襲われるが、

痛みと拮抗している時と、必要量であれば、

副作用が殆ど無いと、緩和ケアの先生から聞きました。

しくみや、原理はわかりませんが。






主治医のH先生による、

左頚部リンパ節切除手術の術後報告。



リンパ組織で取った部分は5個。

うち、画像で見えていた1つと、
もうひとつ見つかった固い部分から、
転移で間違いない結果。

他の取った所からはガンは見つからず、
炎症後の組織みたいなものがあっただけだった。

2つの転移のうち、1つは節外浸潤していて、
周囲の組織に少し染み出していた。
これがどこまで広がっていたのかは判断出来ず。

その周囲組織も含めて切除しているので、
悪いものは取りきっているという判断ではありますが、
このケースの場合、術後放射線治療が必須です。

しかし、以前の右頚部リンパ節切除の際にも
放射線治療を行っており、

小線源治療も行っているため、
もう放射線は掛けられないという判断に。

少しでも再発の可能性、
進行を遅らせる、という効果を狙って、
抗癌剤治療を、まずは1年継続して
様子を見ましょう、という事に。

取り急ぎ開始出来る抗癌剤
まずは TS-1 を明日 11月25日から開始。

f:id:aegis-pilebunker:20180926170935j:plain



今回は東京医科歯科大学病院のように粉タイプではなく
錠剤しかないとのこと。

錠剤は飲みにくく、舌の底の穴に落ちやすいため、
出来れば避けたかったのですが、
気を付けて飲むしかないと…

12月始めまで入院で経過を見て、
強い副作用が出なければ、
外来で検査を続けながらの治療を計画。

抗癌剤の種類も、経過を見て強いものを使うかどうか
この間に治療計画を検討。

抗癌剤の副作用が辛い場合は
入院管理はすぐ出来る体制を整えていきます。



まずはここまでが、今の治療に対する方針。



私は、

東京医科歯科大学のY先生からも言われていた顎の組織変異について、早いうちに手を打たなくていいのか先生へ確認します。



顎下の状態は、H先生の判断としては
悪くなっていく感じでは無いように見えていた、
というのが少し前の判断でしたが、

現在としては回復傾向ではなく、
前方へと拡大している事から、
近日中にMRI検査を受けることに。

ただ、結果がどのようなものだとしても、
顎に穴が開き、口腔低と顎下とが貫通する前兆との見方。

本人が顎骨の激痛を訴えなければ
顎骨壊死が原因で起きている可能性は低く、
このあたりは、MRIの検査で判断がつくでしょう。

もし病変部の中から癌が見つからず、
炎症組織、膿が出るだけなら
膿をよく洗い、清潔にして、
治癒を促す治療を続けるしかない。

癌が出てしまうようであれば、
やはり顎を広く切除か、
抗癌剤治療とするか…

再発無く癌が落ち着けば、
再建手術も検討出来るため、
まずは今出来ることから始めて行きましょう、と。



H先生の術後報告は以上。






癌の転移、進行が止まらない。

切っても、叩いても、
1~2ヶ月で他の場所に姿を表す。

今回のリンパ節切除でも、
転移の可能性が高まる節外浸潤が。

癌を囲い、全てを切り取れていなければ

たった1粒でも残っていれば、

また確実に癌は姿を表し、体を蝕む。



顎の病変部も、

正直に言って、
素人目に見てもただごとではない状態なのはたいぶ以前から感じていたこと。

ここ数日で、今までの病変部よりも前方の、
顎の先の方まで赤く、皮膚が固くなり始めている。

500円玉大になった病変部の更に隣には、
またビー玉程の新しい膨らみまで出てきている。

非常に深い放射線被爆の影響により迂闊に手が出せない。

出すなら顎もろとも切るしかない。
という状況なのは理解していたが、

何も手が出せずに拡大していく病変部を見ているのは、

何か出来ることはないのか!

と声を荒らげたくもなる。



実際、この件についてH先生に
何か出来ることは無いか、と何度も話を聞きに行き、
少し煙たがられた感じもありました。

何も出来ない事のもどかしさは、
私だけではなく、
先生もきっと感じていたのだと思います。






しかし、

不安な事はこれだけでは終わりませんでした。



その後、病室で妻と話をしたり、

マッサージをしている中で、

右頚部耳後ろあたりの異変に気付きます。



丸く硬結した、小さな膨らみが2つ。



つい先日、
左頚部から摘出した、がん転移したリンパ節と同じ感じのものだ。



これは、先生は知っているのか妻に確認すると、



まだ言ってない と。



ついさっきまで、
術後経過の説明に先生と話をしていましたが、
妻は、黙っていました。



4日程前から、肩凝りみたいな感じがしていて、
触っている間に大きくなってきた。
多分先生も気付いていないはず。

という…






この瞬間に、



凄く沢山の事を、



瞬時に悟りました。






あれだけ 絶対治るんだ! と

意気込んでいた妻が。



込み上げてくる想いに耐え、

ただ寄り添うしか出来なかった私に、

妻から声を掛けてきます。






👩今日はもう疲れたから寝るね。
家に帰ってゆっくり休んで。
一緒に報告聞いてくれてありがとうね。






私は、涙を噛み締めながら家に帰りました。






最後の大治療のつもりで望んだ小線源治療。

あの過酷な1週間と、壮絶な副作用に襲われた日々は、

恐らく人の体が耐えることの出来る

限界ギリギリの苦痛だったと思います。



それさえ乗り越えれば、

抗癌剤など薬物治療はあるとしても、

癌を切る手術、放射線などは、

もう受ける必要が無い筈なんだ!



そういう思いで治療に望み、

また今回も治療から2ヶ月で

癌が暴れまわり、姿を見せる。



まだ、しこりや、顎の病変部の

検査結果は出ていないが、

本人にしてみれば、

調べなくたって、こんなの間違いないよ…

そう言いたくなるだろう。



先生に言えば、また痛みを伴う検査もされる。

このペースで、次から次へと事が起きれば、

誰だって嫌になるし、

心も折れる。



そして、その折れた心と体を無理矢理引きずりまわして

更に辛い治療を強要される。



やらなければ、もっと激しい苦痛が待っているから…






11月25日



どこからの感染か、妻が院内で

急性胃腸炎になってしまった。



夜、嘔吐、下痢を繰り返し、

血圧も70まで下がるような状態となり、

相当に辛かっただろう…



抗がん剤なども出来る状態ではないため、

3日程安静に。






11月28日



急性胃腸炎から3日。



👩さっき個室隔離から解放されて、元いた部屋に戻って来ました✌
お昼ご飯も半分くらい食べられて、点滴も取れました🎵
夕方は3日ぶりのシャワーだー!😆💕

腸炎になって、さすがに私もちょっとふさぎ込んでた。
でも、みんなとLINEしたりメールしたりしてたら元気が出てきた!






11月29日



👩今朝体重はかったら、また30kg台に逆戻り…😖💧
やっと40kgになったばっかりなのに!
先日の胃腸炎で3日ばかし絶食したからなぁ。
今も、食欲はあるけどいっぱい食べられないし。



右頚部のしこりを生検した。

3つも大きくなっていた。

3箇所とも針を刺し、中の組織を吸引する。

また痛い思いをして…



このしこりが癌じゃないということは無いだろう。

もう、顎周辺を中心に、

両リンパ、もしかしたら全身まで癌が行き渡っていると考えてもおかしくない。



妻の体の中で癌が暴れまくっている…

そう思うと、もう悔しくて、辛くて、

言葉にならない(ノ_<。)






11月30日



👩今日から朝晩、1年計画で、抗がん剤が始まりました!

2週間飲んで1週間休薬、が1クール。

抗がん剤(Ts-1)飲むときは「消えろ~」と呪文のように、祈りながら飲んでます💖






12月1日



外出届けを出して、息子の待つ実家へ。






👩今日は息子5歳の誕生日🎉

ジィジとバァバにサーティワンのアイスケーキでお祝いしてもらってます💖

そしてそのアイスケーキをひとりで食ってます(笑)

f:id:aegis-pilebunker:20180930085859j:plain



👩私、去年の息子の誕生日に入院してた💧
まさかの2年連続、誕生日入院になるとは。

来年こそは一緒に祝ってあげるぞっ🎵





息子が3歳の夏から入退院を繰り返し、既に1年半。

子供からしてみれば、ちょうど記憶が残る頃から

お母さんが一緒にいない。



でも息子は、元気だった頃に

沢山ディズニーに連れていってくれたお母さんを

よく覚えている。



いつもお母さんが、

ディズニーでどうやって楽しんでいたか、

どんな事をしていたか、

ボクをどうやって乗り物に乗せてくれていたか、

そこに行くと、

興奮したように沢山の言葉で教えてくれる。



でも今は、度々病院に連れていかれては、

やせ細り、聞き取りにくい言葉で話しかけてくる

点滴に繋がれたお母さん。



子供の目にはどう見えて、

どう感じているんだろうか…






12月5日



👩今日はウォルトディズニーの誕生日。

そして1年前の今日、
病理検査の結果「ガン」と宣告された日です。

あれからもう1年かぁ~。
時が経つのは早いものです…。






正式な結果ではないが、

H先生から、先日の右耳下頚部の生検で

癌が出たことを知らされました。

詳しく検査中で、今後の治療方針も含め、

詳細報告は後日との事。



癌患者にとって、

再発の知らせほど嫌なものはありません。

ようやく這い上がってきた落とし穴に、

もう一度蹴り落とされるような感覚を覚えます。






🧑やっぱり、そうだよな…右頚部。くそっ…
もしそうだとして、取り除く事出来るものなの?
前に1度大きく切っている所だし、
放射線も強く掛かってるし、
切れなかったら、取れなかったら…





もう、諦めるしかないの!?

という言葉を思わず言いそうになり、飲み込みます。






🧑厳しいなぁ…厳しいなぁ…(ノ_<。)
俺は 妻 の気持ちに寄り添うよ。
何があっても 妻 のための選択、判断をする。
ずっと寄り添うから…



👩また気持ちが後ろ向きになってるよ!
しっかり前を向いて!



🧑全部受け止めるよ、ちゃんと前を向いて全部受け止める。でも、俺は 妻 のために今、何もしてやれていない…見てることしか出来てないじゃないか…



👩そんなことないよ?
いてくれるだけでいいんだもん💕
治すのはお医者さん、
応援とお祈りは家族&友達、
本人はお祈りだけ。
本人、いちばんラクじゃん(笑)



🧑治ることを信じると言うことが、なにもしないで待ってると言うことと同じになっちゃってるんだよ(ノ_<。)
本人一番楽なんて、そんなこと絶対ないよ!!

でも、少し 妻 の気持ちわかった気がする。
何があってもその気持ち、曲げることは無いのな。
本当に 妻 は凄いと思う。
でもその決意が悲しくて、涙が止まらない…(ノ_<。)



👩ありがとう

f:id:aegis-pilebunker:20180930081855p:plain



🧑そうか、いつの間にその気持ちを語ってたんだろうな…今まで気づいてなかったよ…
もう、俺に出来ることは先生を信じて、見守ることしか出来ない。
ただ、 妻 から寄り添ってきたとき、俺が必要になったとき、その時はどんな願いも叶えてやる!

一度しかない人生、自分で選び、前向きに進もう!



👩自分で選択した道がいちばん!



🧑ただひとつ、お願いがあるんだ。

俺は、残された時間、
俺たち二人の一生の総てを、
全部 妻 と話をしたい!!
気持ちをひとつにしたい!!
これまでのこと
これからのこと
妻 が考えていること
時間があるかぎり、全部話しよう!!



👩うん!そうしよう!!






妻 はもう全てを受け入れ、覚悟を決めていた。

今まで選んできた選択総てに後悔は無く、

何があっても前を向いて歩こうと。



私は 妻 の全てを支え、寄り添い、

一緒に前を向いて歩いていく。

もう後ろを見る事は出来ない…。